So-net無料ブログ作成
検索選択


環境・サイエンス・IT ブログトップ
前の10件 | -

▲香港「ピンクイルカ」絶滅の危機に警鐘。 [環境・サイエンス・IT]



香港ピンクイルカ」絶滅の危機に警鐘。ピンクイルカがいるということ
事態、初めて聞いたが、現在、60頭まで減少しているという。栄枯盛衰

というのは世の中の常であるのは確か。人口増加に伴い、科学の発展、生
活水準が高まり、それがイルカの生息に影響を及ぼしているというのはあ

る。乱獲もあるらしいので、ピンクイルカの管理をもっと徹底しなければ
ならない。絶滅してしまえば、この世の中からいなくなってしまうので、

これからは、すべての人間が意識しなければならないとは思うが、人間は
様々な人がいる。常識外れの人間も存在するので、このような人間をどう

管理するかが課題になる。今後のピンクイルカの保護を徹底してもらいた
いものだ。

▲絶滅危惧種スマトラサイ、繁殖目指し、アメリカからインドネシアへ。 [環境・サイエンス・IT]



絶滅危惧種スマトラサイ、繁殖目指し、インドネシアに渡った。絶滅に瀕して
いるので、つがいとなる雌がいない為の輸送という。世界に100頭しかいな

いということで、かなり厳しい道のりではある。個人的な意見だと、絶滅する
ものは自然なのかもしれないという意見だ。時代とともに廃れていくものはあ

り、社会であれば、常に同じことをしていれば、衰退していくということであ
り、時代をぎりぎりのところで察知し、それに取り組むということだと思う。

しかし、絶滅になりそうなものを見放すわけにはいかない。スマトラサイの繁
殖を期待したいところだ。

▲前代未聞、臨月のチンパンジーが「孤児」を養子に、豪動物園。 [環境・サイエンス・IT]



前代未聞、臨月のチンパンジーが孤児を養子にするという出来事
があった。これは、豪動物園での出来事であり、こんな事は、世

界でも例がないという。果たして、今後、この孤児は無事に成長
していくのだろうか?非常に気になるできごとではあるが、孤児

の母親は出産と同時になくなり、そばにいたこのチンパンジーが
代わりに子供を育てているという。はたから見ると感動的な話で

はある。チンパンジーは非常に賢い動物であり、人間に近い頭の
できでもあるので、感情があるのだろう。孤児をほっとくことは

できないということで、代わりに育てているというとこだろう。
今後も問題なく成長してもらいたいものだ。

▲恐竜絶滅の原因、小惑星衝突と火山噴火の両方、米研究。 [環境・サイエンス・IT]



恐竜絶滅の原因は小惑星の衝突と火山噴火の両方だという。小惑星の衝突に
より、火山噴火を誘発し、最終的には恐竜が絶滅したという。人類はどのよ

に生まれたのだろうかという疑問もある。恐竜が死滅し、人類が生まれ、今
は比較的、平和なのだろうが、常に問題は抱えている。大昔に小惑星の衝突

があるのならば、今も起こり得るだろうとは思う。それ以前に人類が、小惑
星を破壊する術を得ていそうではあるが、どうなるのだろうか?

火山噴火は現在でもあり、その前に地震があるとは思う。地震は、日本では
特に多い。それにより、多くの人々は亡くなっている。オーストラリアに関

していえば、地震より、台風が多いような気もする。地球も科学の進歩と共
ダメージを受けている。地球にやさしくしなければ、今後の人類も危うい

だろう。

▲インスタグラム、ユーザー4億人突破。 [環境・サイエンス・IT]



インスタグラムのユーザーが4億人を突破した。フェイスブックが数年
前に買収した企業であり、メインは写真であるのは確か。シンプルなサ

イト作りであるので、使いやすいのだろう。ファイスブックのユーザー
がそのまま流れている感はある。いいねボタンはあるが、それがほかの

ユーザーには流れないというのはある。なによりもシンプルなのが売り
なのであろう。ファイスブックの傘下であるので、このまま成長すると

いうのはあるだろう。まだまだインターネットの時代であるので、この
まま廃れることはないだろうが、未来はわからない。もっとインターネ

ットを超えたものがでるかもしれないが、世界を相手してる企業は人口
の増加とともに成長を続けるだろう。

▲極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究。 [環境・サイエンス・IT]



極小サイズの透明マントの開発が成功したという。この研究がさらに拡大
することにより、透明人間も可能ということなのだろうか?透明人間が可

能であれば、怖い社会になってしまう可能性もなきにしもあらず。ドラマ
で透明人間というドラマがあったが、透明人間になれば、人を覗くことも

可能になり、盗撮も容易になってしまうだろう。この発明が良い方向につ
ながれば、非常に良いことだろうとは思うが、どうなのだろうか?時代と

ともに科学は進歩し、非常識が常識になり、科学は発達する。終わりの世
界であるように感じ、一体、なんの為に生きているのだろうと思うことが

ある。人はいつかは死ぬのであれば、小さなことにこだわっていきている
のが馬鹿馬鹿しく感じることはある。今回、透明マントが発明されたとい

うことだが、今後、どのように発達していくのだろうか?
タグ:透明マント

▲個別ユーザーにおすすめレストランを紹介、グーグルマップに新機能。 [環境・サイエンス・IT]



個別ユーザーに対して、おすすめレストランを紹介するという機能をグーグル
マップに追加された。現在、インターネットの世界は瞬く間に進化している。

便利になれば、なるほど、生活は豊かになり、情報というものがすぐに手に入る。
グーグルに関して、IT関連では最大手になる企業であるので、常に進化してい

る。今回、グーグルマップに新機能を追加したわけではあるが、グーグルマップ
に関しては、個人的には、どこかに行くとき、どういった手順でいき、どの位

かかるかというのを検索したりする。あまりレストランがどこにあるかなどは、
検索したりはしないが、便利になるのは確かではある。今後は、どういった機能

が追加されるのであろうか?

▲油井さんら乗せISSへ、宇宙船ソユーズ打ち上げ成功。 [環境・サイエンス・IT]



宇宙船ソユーズの打ち上げが成功した。この宇宙船には日本人も乗っているという
ことで注目されるべきことだろう。以前では、宇宙船に乗るということは、非常に

難しいという印象ではあったが、最近では、頻繁に日本人が宇宙船を乗っていると
いうイメージはある。ホリエモンも民間人でもいける様な宇宙船を開発していると

いうことなので、時代によっては、誰でも宇宙にいける時代がくるかもしれない。
こういった宇宙船の場合、最新の機器を使わなければならないと聞くので、そこで

ホリエモンは高いものではなく、ワンランク下げた部品を使うことにより、安く宇
宙にいくということを考えているという。宇宙にいくことにより、どういった地球

が見えるのかが非常に興味深いというところだろう。今回、ことなきを得て、宇宙
船が打ち上げされた。

▲米探査機、冥王星に最接近へ、日本時間14日夜。 [環境・サイエンス・IT]



米探査機、冥王星に近づく。冥王星は地球に比べて、かなり小さい事が確認が取れる。
この冥王星の半径は1185キロくらいと推定される。印象的にはかなり小さいというの

はわかる。車で移動できる距離の様な感もある。それだけ小さい星に一体、何があるの
だろうか?それがなにより期待するところだが、何もない様な気もする。冥王星の破片

で探査機が破壊する可能性は1万分1のということで、ほぼないに等しいといえる。冥王
星までかなりの距離なので、時間と探査機の丈夫さははかりしれない様に見える。

日本時間の午前10時には探査機の通信が発信されるという。それにしても文明の発達
というのはかなりのスピードといえる。この数百年で瞬く間に科学は発達し、現在は、人

類は宇宙まで達している。ホリエモンも宇宙に関心があり、一般人もいける様なロケット
の開発を考えている。それが可能であれば、やはりそれはすごい事であり、宇宙旅行

夢ではない。時代は常に変化し、その時代のニーズに合わなくなれば、それは衰退して
いくという様な部分があり、それは全てにおいていえることの様に思える。
タグ:冥王星

▲米グーグル、検索結果からの「リベンジポルノ」削除方針固まる。 [環境・サイエンス・IT]



グーグルが検索結果からリベンジポルノを削除する方針固まるインターネット上は、
かなりの情報があり、錯綜している。基本的には、報告があり、それで対処するという

方向だというので、何もなければ音沙汰なしで、そのままインターネット上でそれがあり
続けるのだろう。著作権に関する情報に関しても、削除してもまた誰からアップロードす

るということが堂々めぐりの様に続いているので、果たして、このリベンジポルノは削除
方針はどうなるのだろうか?やらないよりは良いとは思うが、アップロードされた人はた

まったもんじゃないというのはある。米グーグルが削除しても他の検索エンジンはどうな
るのだろうかという疑問があるが、グーグルはメジャーな検索エンジンであるので、それ

から削除されることにより、大抵は削除されるのだろう。インターネット上には、悪いサイ
トが俳諧しているので、この方針でインターネットが健全になってもらいたいものだ。
前の10件 | - 環境・サイエンス・IT ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。