So-net無料ブログ作成


▲ミハイロビッチ監督、ミランの全ての面で改善が必要。 [サッカー]



ミハイロビッチ監督、ミランの全ての面で改善が必要だという。カペッロ監督時のミラン
は圧倒的な強さを誇っていた。それは、他を寄せ付けないほどだったが、最近のミラン

はやはりパッとしない成績である。本田はミランに所属するが、圧倒的な結果という面
ではまだまだといえる。例え、実力がある選手を揃えたとしても、やはり調和や練習面

がしっかりしてなければ、厳しいというのはある。サッキ監督やカペッロ監督はやはり
そういった面でかなり比が出てた部分はある様である。果たして、ミハイロビッチ監督

の実力はどのようなものなのだろうか?選手時代は、フリーキックの名手ではあった。
フリーキックでハットトリックを決めたこともあり、かなりの精度があったフリーキックで

あったが、それが監督となるとどうなるのかわからない。名選手が名監督になるとは
限らない。プレーは一流であっても、監督は常に考えなければならない。ミランの改善

はいかになるのだろうか?以前のミランは資金が豊富であったので、かなりのお金を
使って、選手を買っていたが、現在は、どうなのだろうか?ミハイロビッチ監督の手腕は

どうなのだろうか?非常に気になるところだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

▲油井さんら乗せISSへ、宇宙船ソユーズ打ち上げ成功。 [環境・サイエンス・IT]



宇宙船ソユーズの打ち上げが成功した。この宇宙船には日本人も乗っているという
ことで注目されるべきことだろう。以前では、宇宙船に乗るということは、非常に

難しいという印象ではあったが、最近では、頻繁に日本人が宇宙船を乗っていると
いうイメージはある。ホリエモンも民間人でもいける様な宇宙船を開発していると

いうことなので、時代によっては、誰でも宇宙にいける時代がくるかもしれない。
こういった宇宙船の場合、最新の機器を使わなければならないと聞くので、そこで

ホリエモンは高いものではなく、ワンランク下げた部品を使うことにより、安く宇
宙にいくということを考えているという。宇宙にいくことにより、どういった地球

が見えるのかが非常に興味深いというところだろう。今回、ことなきを得て、宇宙
船が打ち上げされた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

▲従業員は全てロボット 世界初のホテル、ハウステンボスにオープン。 [ライフ・カルチャー]



従業員が全てロボットという世界初のホテルがハウステンボスにオープンした。
さすがにロボットが従業員ということでどういった対応をするか見物だ。これは

世界初ということで、最初は注目度はあるだろう。しかし、これを誰かが真似を
すれば、競争が始まり、衰退化するのはあるとは思うが、常に新しいものを追い

求めるというのは時代の流れに沿っているとは思う。時代と共に新しいものを追
求しなければ、生き残ることはないだろう。ロボットが従業員ということで、人

件費は削減されることは確かである。現在、少子化であるので、人材確保という
のはやはり難しいだろう。そうなれば、安定したサービスを提供できるのが、

このロボットということになるかもしれない。人を雇うことになれば、また新人
から始まり仕事を教えなければならない。そうなるとまた手間と時間がかかる。

科学は発達しているので、このロボット従業員はまさに時代を感じさせるものだ
といえるだろう。人件費を削減することにより、お客に安く提供できるというの

もあるだろうし、これが軌道に乗れば、世界的に普及される可能性はかなりある。
そうなれば、少子化も解消できそうでもある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

▲「米粒大の寿司を握れ」、研修医の採用試験で。 [ライフ・カルチャー]



米粒大の寿司を握る。これが研修医の採用試験らしい。医者にとって、これは
非常に難しいことだろう。頭だけでは、手術はできないので、このような細か

い作業をまともにこなすことにより、手術に応用できるというわけで。人間の
体を手術することは、細かい作業が必要であり、人の命にかかわることである

ので、こういった採用試験が必要になるのだろう。器用でなければ、手術には
向かないということもあるだろう。それだけ神経を使うというわけで、米粒程

度の寿司を握ることにより、研修医の合否を問うわけだろう。医者になれば、
それだけ、責任というのは重大であり、失敗が許されない仕事である。器用さ

を問わなければならないのが、この採用試験の目的なのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲船上生活者が急増中、住居費高騰で英ロンドン。 [ライフ・カルチャー]



船上生活者が急増中、住居費が高騰しているという。果たして、今後、イギリス
はどうなっていくのだろうか?元々、イギリスは物価が高いということはある。

それがさらに高騰しているということだから、家賃を減らす為、船で暮らす人が
増えているということだろう。船で暮らすということは、実際、家賃はかからな

いということだろうか?船の生活は普通の家よりは狭いイメージはあるが、それ
は船の大きさによるということだろうが。基本的には、一般の家よりは多少の不

便さはあるが、生活できるのであれば、問題ないとは思うが、住所はどのように
なるのだろうか?郵便などが来たら、どこに送ってもらうのだろうかという疑問

はある。人口が増えていけば、住む場所も必要でそれに伴い、住居費は高騰して
いくのだろう。今後は、どのようにイギリスはなっていくのだろうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲ネッシーの正体は巨大ナマズの可能性。 [ライフ・カルチャー]



ネッシーの正体は巨大ナマズの可能性があるという見解。長年、ネッシーを追い求め
ている専門家がそれを主張している。謎の巨大生物がネス湖に現れてから、ずっとそ

れを追い求めている。しかし、その詳細はつかめないまま。この広い地球にいまだに
しられていない未知の生物がいてもおかしくない。オーストラリアでは大自然があり

その大自然を見ていると感じることはやはり、いまだ知られていない生物が眠ってい
る様に感じることは多々ある。専門家は24年間も観察を続けているということから

その実態をはっきりとつかめていないというが、24年間いれば、なにかしろつかめ
てもおかしくないとは思うが、いまだにつかめていない。巨大ナマズの可能性は有り

得る話で、正体をつかんで早く長年の観察をやめて違うことをした方がよいとは思う
がどうなのだろうか?これだけ長い年月、観察を続けていると何もいないということ

も有り得る。どうなのだろうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲米探査機、冥王星に最接近へ、日本時間14日夜。 [環境・サイエンス・IT]



米探査機、冥王星に近づく。冥王星は地球に比べて、かなり小さい事が確認が取れる。
この冥王星の半径は1185キロくらいと推定される。印象的にはかなり小さいというの

はわかる。車で移動できる距離の様な感もある。それだけ小さい星に一体、何があるの
だろうか?それがなにより期待するところだが、何もない様な気もする。冥王星の破片

で探査機が破壊する可能性は1万分1のということで、ほぼないに等しいといえる。冥王
星までかなりの距離なので、時間と探査機の丈夫さははかりしれない様に見える。

日本時間の午前10時には探査機の通信が発信されるという。それにしても文明の発達
というのはかなりのスピードといえる。この数百年で瞬く間に科学は発達し、現在は、人

類は宇宙まで達している。ホリエモンも宇宙に関心があり、一般人もいける様なロケット
の開発を考えている。それが可能であれば、やはりそれはすごい事であり、宇宙旅行も

夢ではない。時代は常に変化し、その時代のニーズに合わなくなれば、それは衰退して
いくという様な部分があり、それは全てにおいていえることの様に思える。
タグ:冥王星
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲ギリシャ支援で「全会一致」の合意、ユーロ圏首脳会議。 [経済]



ギリシャ支援で全会一致の合意。果たして、ギリシャはどうなるのだろうか?基本的に
あまり詳しいことはわからないが、財政難ということは確かなのだろう。財政難はどこ

も同じの様な気もするが、その中で特に財政難というのが、ギリシャなのだろう。日本
も不況といわれていたが、現在は、アベノミクスで改善されているのだろう。少子化で

人材不足で悩んでいる企業は多々あり、以前までは、就職難と言われていたが、現在
は、比較的、就職しやすくなっているのが現実。そうなれば、就職率が高まり、お金の

回りも比較的、良くなるだろうとは思うが、そうなると、子供が増える可能性も出てくる。
常に循環している様ではある。少子高齢化も経済の潤いによって、またそれもなくなる

というのは考えられる。ギリシャの方向性はどうなのだろうか?財政難に苦しみ今後は、
どういった対策が練られるのだろうか?その対策で今後のギリシャの方向性が決まる。

常にどの時代も問題は出てくる。安定ではなく流動的であり、変化に対応するのが非常
に難しいということだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲15年ミスUSA決定。 [エンターテイメント]



15年のミスUSAが決定した。ミスUSAの上がミスユニバースであるが、果たして、
ミス日本はどうなるのだろうか?ミスに選ばれる人は、美人というのはある。逆に

その栄光が手に入ると様々なオファーがくるのかもしれない。美人というのはやは
り生きていく上で得というのはある。それだけ持ちあげられるというのはある。

人間は、最初の印象は見た目で入るというのが大部分であり、それから中身とい
う形だろうとは思うが、話易さの面ではやはり美人は気を使ってしまうイメージで

はある。見た目が普通感がある人の方が、気楽に話すことができ、逆に親しみ易
い部分はある。生きていく上で、美人はやはり良いという面はあるが、逆にその裏

で、難しいものもあるとは思うが、ブスよりはなんだかんだ良いだろう。今回、ミス
USAが決定したということで、果たして、今年のミスユニバースはどこの国の出身

者になるのだろうか?
タグ:ミスUSA
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

▲好物は氷?うれしそうなイルカの子供、独ニュルンブルク。 [ライフ・カルチャー]



イルカは知能指数が高い。それに人に懐くのが早い。子供であれば、さらに愛嬌が
ある。実際、イルカを生で見たことがないが、やはり印象というのは人懐っこい所で

あるとは思う。ここオーストラリアではクイーンズランドであれば、イルカを見ることが
できるというが、実際、見たことがない。クイーンズランドであれば、熱帯地域なので、

自然が多いということで、動物は様々いる。釣りにいけば、様々な魚が取ることがで
きるし、釣りのスポットも多々ある。船を使えば、やはり、サメなども釣れるという。

しかし、オーストラリアでは、成魚を釣ることはできるが、小さな魚は釣ったとしても
海や川に離さなければならない。離さなければ、見つかれば罰金を払うということも

有り得る。イルカを釣りで取ったという話は聞いたことがないが、クイーンズランドの
自然を見ていれば、生息してそうな様子はある。イルカは犬と同様に愛嬌がある様

に思える。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ