So-net無料ブログ作成
検索選択


▲「米粒大の寿司を握れ」、研修医の採用試験で。 [ライフ・カルチャー]



米粒大の寿司を握る。これが研修医の採用試験らしい。医者にとって、これは
非常に難しいことだろう。頭だけでは、手術はできないので、このような細か

い作業をまともにこなすことにより、手術に応用できるというわけで。人間の
体を手術することは、細かい作業が必要であり、人の命にかかわることである

ので、こういった採用試験が必要になるのだろう。器用でなければ、手術には
向かないということもあるだろう。それだけ神経を使うというわけで、米粒程

度の寿司を握ることにより、研修医の合否を問うわけだろう。医者になれば、
それだけ、責任というのは重大であり、失敗が許されない仕事である。器用さ

を問わなければならないのが、この採用試験の目的なのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。