So-net無料ブログ作成
検索選択


▲米探査機、冥王星に最接近へ、日本時間14日夜。 [環境・サイエンス・IT]



米探査機、冥王星に近づく。冥王星は地球に比べて、かなり小さい事が確認が取れる。
この冥王星の半径は1185キロくらいと推定される。印象的にはかなり小さいというの

はわかる。車で移動できる距離の様な感もある。それだけ小さい星に一体、何があるの
だろうか?それがなにより期待するところだが、何もない様な気もする。冥王星の破片

で探査機が破壊する可能性は1万分1のということで、ほぼないに等しいといえる。冥王
星までかなりの距離なので、時間と探査機の丈夫さははかりしれない様に見える。

日本時間の午前10時には探査機の通信が発信されるという。それにしても文明の発達
というのはかなりのスピードといえる。この数百年で瞬く間に科学は発達し、現在は、人

類は宇宙まで達している。ホリエモンも宇宙に関心があり、一般人もいける様なロケット
の開発を考えている。それが可能であれば、やはりそれはすごい事であり、宇宙旅行

夢ではない。時代は常に変化し、その時代のニーズに合わなくなれば、それは衰退して
いくという様な部分があり、それは全てにおいていえることの様に思える。
タグ:冥王星
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。