So-net無料ブログ作成
検索選択


▲オーストラリアのPermanent Residency (永住権)のメリット。 [雑学]

au0906_117[1].jpg

永住権取得は年々難しくなっている。昔であれば、学校を卒業し、IELTS5.5を
取れば取得できたが、現在では無理であり、日本人がまず永住権を取得する方法

英語力は強化すれば、可能だということ。IELTS7くらいあれば、道はそこまで
困難ではない様に思える。以前は、学校を卒業し、永住権という流れではあった

が、現在ではスポンサーシップで永住権という流れが主流であり、RSMSであれば
IELTS6が必要であり、ENSであれば5が必要になり、RSMSで取れば、2年間働

くことにより、永住権が取得できる。RSMSに関していえば、申請し、申請があがり
それから2年間、スポンサーシップ下で働くことにより、取得できるビザであり、

これが使えるエリアは地方都市のみであり、都市部では難しい。ENSビザは逆に
都市部で使えるビザであり、RSMSビザとは違い、最低賃金が設定される。だから

企業側はそれなりの給与をスポンサー従業員に払わなければならない。これは
IELTSポイント6以上あれば、直接、永住権を申請可能になる。IELTS5であれば、

2年間ビジネスビザで働き、その後、永住権を申請できる。永住権のメリットは、ま
ずMedicare(メディケア)を取得できる。メディケアは健康保険の様なもので、基本

病院にいっても診察料金がかからない。薬などの代金は、薬局にいって、購入し
なければならないというのはあるが、これは歯医者などは適用できない。永住権は

5年更新であり、5年間中2年間は滞在していなければ、次の更新期間に影響を
及ぼす。永住権と市民権の違いは、選挙にいけるかどうかと、公務員などの仕事に

就けるかどうかというのが大きな違いであり、後は、特にあまり変わりがない。仕事
に関しても、学生ビザであれば、週20時間の労働であり、ワーキングホリデーであ

れば、ひとつの雇用主で6ヶ月の期間しか働くことができず、永住権ではもちろんの
こと制限がない。オーストラリアは日本と比べ便利という面で劣るが、日本の社会よ

りは気楽に住むことが可能だろう。、最低賃金も現在では、17ドルくらいであり、日
本とは全くもって違う。年齢を気にすることなく、勉学などに励むことが可能だろう。

日本に比べて、自然も豊富であり、人口2000万くらいの人口に対して、この広大
な大陸。住むことに関しては、日本よりは比べ物にないくらい生きがいを感じること

ができると思う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。