So-net無料ブログ作成
検索選択


▲シドニーでの仕事の見つけ方。 [雑学]

au0906_117[1].jpg

シドニーの人口は460万人くらいになり、オーストラリアでは第一の都市であり、仕事
を見つけようとすれば、他の都市よりは、以外と見つけやすいというのはある。人口に

比例して、仕事先も多いということになり、日本人であれば、まず見たい仕事の情報は
Jams tvであり、これは求人情報に関していれば、日本人用の求人がほとんどであり、

体外は飲食店での求人である。このサイトではシェアハウスなども見つけることができ
ワーキングホリデーで入国した際、英語がまず問題なので、日本人の求人やシェア

ハウスを探すことができるので、良いと思う。インターネット以外では、CheersやNichi
go Pressなどの日本人用の新聞があり、これは、日本食レストランなどや日本人用の

代理店などに置いてある。これは無料なので、利用すると良いだろう。後はローカルの
仕事などやシェアハウス、コミュニティ、物の売買などはGumtreeがメインになる。これ

は全て英語なので、日本人以外でも利用できる。シドニーでの代理店では、トラトラと
いう代理店をよく利用してる日本人は多い。日本人の留学代理店、センターでも求人

情報やシェアハウスの情報は多々ある。シドニーでは、地方地域よりは、物価が高いの
で、住む場所も必然的に高くなり、一部屋に何人も住んでいるシェアハウスは多々ある。

値段は120ドル~150ドルくらいはする。オウンルームであれば、最低でも180ドルは
する。仕事の見つけ方に関しては、直接履歴書を持っていったり、サイトで履歴書を送り

後日、面談という流れもある。店によっては、直接、持っていった方が良い場合もある。
シドニーで飲食店で大きなところはやはりISグループやMasuya groupになるのだろう。

この二つは、シドニーに長くある。日本人経営のところでは、だいたいはキャッシュジョブ
だろう。逆にタックスで払っている店が少ない。まず小さなところはキャッシュジョブがほと

んどだろう。オーストラリアに行くと、店をだいたいみただけで、それがわかるというのは
ある。様々な噂で最低賃金を守ってなく、誰かがFair workに密告し、摘発されるという

のはたまに聞く話。あまりにもひどい労働環境であれば、最後にFair workに相談すると
いうのはありではある。基本はキャッシュジョブは当たり前の様に横行している。ローカル

の店であれば、それは逆に少ない。休日であれば、ダブルペイだったりする場合もある。
しかし、文化が違うので、日本と同じ様な感じでいけば、即効で首というのは多々ある。

オーストラリアに来たのだから、ローカルに挑戦してみる価値は十分にある。

Jams TV
トラトラ
Gumtree
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ