So-net無料ブログ作成
検索選択


▲オーストラリアのマイニング(炭鉱、鉱山) [雑学]

imagesG7HGCJHS.jpg

オーストラリアでは、マイニングという仕事がある。基本は、鉱山での仕事であり、
労働者によっては、年収1000万くらいは稼げるというが、ワーキングホリデーで

そこに入る込むというやはり難しいといえる。しかし、様々な体験談で、ワーホリで
も入る込む余地はあると聞く。しかし、それは、職種によるという。マイニングでの

仕事は、FIFO形式で仕事体系であり、それはFly In Fly Outの略であり、飛行機
で現場に行き、飛行機でその労働者の家に帰るという。他には、Drive in Drive

outという形態があり、それは車で現場に行き、車で家に帰る。鉱山なので、やは
り主要都市から離れているところに現場は位置する。大概の会社は、2週間通し

で働き、そして、1週間休むという形態であり、現場の近くにキャンプの様な場所
があり、そこで、労働者は寝泊りする。そこでは、労働者の食事も必要なので、

マイニングシェフやクック、キッチンハンドなどの職種がある。この職種は現場の労
働者よりは給料が安いと聞く。聞くところによると、年間6万ドルくらいだという。

しかし、食事や寝るところも会社負担なので、お金は貯まるだろう。後は、クリーナ
ーなどの職もあると聞く。ワーキングホリデーであれば、キッチンハンドやクリーナ

ーなどの仕事がメインになる。キャリアもなければ、資格もないとなるとそのような
仕事になるだろう。資源関連の仕事なので、テンポラリーでの仕事が多いようで

ある。仕事を探すには、seekなどのオーストラリア関連の求人アクセスし、mining
chef cook kitchenhand clener などの検索で仕事は見つけることができるだろう。

パースがマイニング関連の仕事が多いと聞くので、行ってみる価値はある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ